初期費用・維持費など

印鑑を販売するために屋外に店舗を構え、開店するためには、お店の外装や内装のための費用が発生するため、それなりのイニシャルコストを用意する必要があります。また、リアルショップを運営するには、家賃や光熱費などの維持費が掛かります。

その一方で、ネットショップを開業するに際しては、ショッピングサイトを作成することとなりますが、そのための費用としては、実店舗を構える場合と比較して、設備費や人件費を抑えることができ、安上がりになります。また、維持費の面でも、家賃や光熱費などを低く抑えることが可能です。そのようにして、浮いたコストは、商品価格やサービス利用料金の低減という形で、消費者へと還元することができます。したがって、ネットショップの利用者にとっては、同じ商品・サービスであっても、実店舗よりも安い費用で購入・利用することができる可能性が高くなります。

また、実店舗の場合、営業している日時にしか利用できませんが、ネットショップの場合、年中無休で24時間営業することが可能です。ただし、ネットショップにも、メールの返信や商品の発送を行なっていない日や時間帯は存在します。とは言え、そのような日時でも、商品の検索や購入手続きを行なうことができるのは、やはり便利です。

印鑑の通販

印鑑は今やどこででも購入できます。はんこ屋さんはもちろんのこと、百貨店などでも販売していますし、100円ショップに行っても見かけます。こうした中で、通販を利用して印鑑を販売するならどういったポイントに着目すればいいのでしょうか?

印鑑を通販で販売するのであれば、まず普通の店舗ではなかなか購入できないようなデザインのものを販売するというのが一つです。通販のメリットは、たくさんの種類を扱えるという点。お店だと置ける数が限られてきますが、インターネット通販であれば限りなくさまざまな種類を置いておくことができます。そうした中で、普通の店舗では買えないようなちょっと変わった印鑑を販売してみるのも良いでしょう。

たとえば、ちょっと変わった素材の印鑑を販売しているサイトもあります。印鑑の素材といえば、木材や金属、角・牙といったものが主ですが、それ以外に、人工素材の琥珀を使って作られた印鑑などもあります。こうした印鑑はなかなか普通のショップでは購入できないため、注目を集めるかもしれません。

また、安く購入できる印鑑を用意しておくのもポイントです。通販で購入する人の中には、お店よりも安く買えるものが無いか探しているケースが多いものです。そういった方に向けた、リーズナブルな価格で購入できる印鑑を用意しておくのも良いでしょう。

外部リンク
印鑑の素材が豊富な通販サイト【いいはんこやどっとこむ】

実店舗との違いは?

何がしかの商品を購入したり、サービスを利用したりするためには、実店舗のほかに、ネットショップを利用するという方法もあります。実店舗とネットショップには、それぞれ一長一短があり、一概にどちらが良いとは言い切れませんので、両者の相違点を理解した上で、個人の適性やニーズ、希望条件に見合った方を選択することが大切です。

例えば、営業時間や混雑時の問題、購入した商品の入手方法、商品の詳細情報を確認する手段、疑問点や不明点の質問・相談のしかたという条件に於いて、実店舗とネットショップには違いがあります。その中でも、お店の取扱い商品やサービス内容について、疑問点や不明点がある場合、実店舗では、その場にいる店員に直接質問・相談をして、即座に問題を解決することができるというメリットがあります。

その反面、自分でじっくりと商品を探したい時に、店員から声を掛けられるとわずらわしく感じることもあります。また、店員との距離が近い分だけ、お店のスタッフによるセールストークに惑わされたり、強引な営業やしつこい勧誘に悩まされたりするリスクが高いのも、実店舗のデメリットとなります。それらの問題を解決するには、ネット通販を利用するのも一つの選択肢です。

通販に関する情報

消費者が、実店舗のほかに、ネットショップを通じて商品の購入やサービスの利用をすることも可能になります。それら2種類の店舗には、各々のメリット・デメリットがあり、どちらが良いと一概には決められないので、その相違点を把握し、一人ひとりに合った方のお店を利用することをおすすめします。

例えば、お店の営業時間、混雑時に発生し得る問題、商品の入手方法、商品の詳細情報の確認手段に違いがあります。また、商品やサービスに関する問い合わせは、実店舗では、その場のスタッフに口頭で行なえますが、反面、不快に感じる営業行為を受けるリスクは高くなります。

その一方で、ネット通販を利用する場合、店員に直接対面して接客してもらうことはできませんが、メールや電話で問い合わせることは可能です。こちらの場合、不快な営業行為を受けるリスクは低いものの、情報の伝達にそれなりの手間暇や費用が掛かることは確かです。また、開店のために必要となる初期費用、店舗の運営に掛かる維持費の面では、屋外に店舗を構え、比較的多くの人員を雇い入れなくてはいけないリアルショップの方が、ネットショップよりも多額の費用が必要となる傾向にあります。

当サイトでは、この通販サイトを利用して、印鑑を販売する場合に気を付けたいポイントなどを紹介します。通販サイトの基礎知識などをメインに解説しますので、インターネットに疎いといった方も、ぜひ参考にしてみてください。